広島の自動車教習所が解説する免許取得までの流れ~普通免許・大型二輪免許の取得は、送迎や学割サービスが受けられる高陽自動車学校で~

広島の自動車教習所が解説!免許取得までの流れ~短期コース・長期コースの利用に関わらず、ぜひご一読ください~

広島の自動車教習所が解説!免許取得までの流れ~短期コース・長期コースの利用に関わらず、ぜひご一読ください~

広島自動車教習所が免許取得までの流れについて簡単にご紹介いたします。

短期コース・長期コースの利用に関わらず、自動車教習所を利用する際はぜひご一読ください。

受付から適性検査

まずは窓口で入校手続きを行います。普通自動車免許取得の場合は、「18歳の誕生日の3ヶ月前」から入校可能です。入校後は先行学科(26ある学科教習科目のひとつ)と適性検査を受けてもらい、その後、「技能第1段階」「学科第1段階」へ進んでいただきます。

適性検査では視力・聴力・運動能力のほか性格診断を行いますが、基本的に適性検査で合格・不合格といった判定は出ません。

技能・学科第1から仮免許取得まで

オリエンテーション・適性検査を終えたあとは、技能・学科それぞれの第1段階の教習に移ります。技能の第1段階は、MT(自動車)の場合は15時限、ATの場合は12時間の履修が必要となります。

技能と併せて学科教習の第1段階(全9時限)も履修し、いずれの課程も終えたら修了検定・仮免許学科試験(効果測定合格後)へ移ります。修了検定・仮免許学科試験を合格したら、晴れて仮免許を取得でき、技能・学科の第2段階へ進みます。

技能・学科第2段階から免許取得まで

仮免許取得後は、実際に路上に出て運転技術を身につけます。AT車・MT車共に19時限の技能教習が必要となり、学科教習は入校日に受けた先行学科を含めて26時限必要です(第2段階では16時限)。

全ての学科教習を終えたら卒業前学科効果測定を受け、この効果測定に合格したら卒業検定を受けます。卒業検定合格後は運転免許試験場にて試験を受け、この試験に合格したら免許交付となります。

入校から免許取得までは主に上記の流れとなりますが、場合によっては免除される項目があります(自動二輪免許を持っている方など)。試験が多いイメージがあるかもしれませんが、学科教習をしっかりと受講し、運転技術を着実に高めていけば、必ず合格できる試験です。

広島で自動車教習所をお探しなら、自動車から二輪(大型二輪など)免許まで取得可能な高陽自動車学校へ(送迎・学割サービスなど充実したサービスが揃っています)

広島で自動車教習所をお探しなら、自動車から二輪(大型二輪など)免許まで取得可能な高陽自動車学校へ(送迎・学割サービスなど充実したサービスが揃っています)

広島で自動車教習所をお探しなら、送迎学割サービスなど充実したサービスを揃える高陽自動車学校をご利用ください。

高陽自動車学校は「心に残る教習」をモットーに、教習生一人ひとりとしっかりと向き合い、免許取得までの道のりを手厚くサポートいたします。広島で自動車免許(AT・MT)、二輪免許(大型二輪)の取得をお考えなら、ぜひご利用ください。

お役立ちコラム

広島で自動車教習所をお探しなら

学校名 高陽自動車学校
住所 〒739-1752
広島市安佐北区上深川125 
TEL 082-844-7311
URL http://www.koyo-ds.co.jp/