心に残る教習

高陽自動車学校が掲げる「心に残る教習」をOBやスタッフの声から紹介します。

一人一人に笑顔で卒業してもらいたいから…。
高陽自動車学校は「心に残る教習」を日々実践し続けます。

高陽自動車学校OBレポート 高陽自動車スタッフ紹介

心に残る教習「5m運動」

高陽自動車学校では、この「感動」をより大きく、思い出深いものにしていただけるように、「心に残る教習」をモットーにしています。せっかく多くの自動車学校の中から、ご縁あって高陽自動車学校を選んでいただき、26項目もの学科講習や30時間以上もの技能教習をはじめとする多くの時間をご一緒するわけですから、スタッフ全員で教習生の方々とのコミュニケーションを常に大切にしています。
例えば、「5m運動」もその一つ。施設内でのご案内やお見送りの際には、スタッフは必ずご一緒に5m歩くことで、より多くのコミュニケーションと丁寧な対応を心掛けています。
「あちらへどうぞ」と立ち止まったまま案内されるよりは、「こちらにどうぞ」と一緒に歩いてもらいながら案内されるのでは、ほとんどの方が後者に心地よさを感じるはずです。
ほんの些細なことですが、人と人が関わる講習や教習で成り立っている自動車学校ですから、一つ一つのコミュニケーションの積み重ねが、卒業時には大きな差になると考えます。その他、高陽自動車学校のスタッフは社内での勉強会だけでなく、社外セミナーの受講も積極的に参加し、「心に残る教習」の実践を心掛けています。

高陽自動車学校OBレポート

高陽自動車学校OBレポート

高陽自動車学校で免許を取得した先輩達の生の声をレポート。
一人一人のかけがえのない思い出を語ってもらいます。

高陽自動車学校OBレポート