「セーフティ・ステーション」に
高陽自動車学校が指定されました

「交通事故・犯罪のない街に!」を目指して・・・ 当校が、地域における安全・安心の拠点「セーフティ・ステーション」になりました。

この度、地域住民全ての願いである安全で安心して暮らせる地域社会の実現のため、高陽自動車学校と安佐北警察署との間で「安全・安心地域づくり活動」に関する覚書を締結し、高陽自動車学校を地域における安全・安心の拠点である「セーフティ・ステーション」と位置づけ、「安全・安心な地域づくり活動」に積極的に取り組んで行くことになりました。

OMC

早速、JAF交通安全ドレミぐる―ぷによる「安全・安心コンサート」が実施され、狩小川保育園児23人も参加のもと音楽や演劇を通じて、交通安全教育が行なわれました。 安佐北警察署、安佐北交通安全協会、広島県警友会安佐北支部、高陽地区防犯連合会、狩小川小学校区自治会長等コミュニティリーダのみなさんも参加され、非常に有意義な会となりました。

OMC

今後の具体的活動内容

(1) 「セーフティ・ステーション」と位置づけ、犯罪や交通事故防止のための広報啓発活動等を通じ、安全・安心な地域づくりに貢献します。 事業活動等を通じ、子ども・女性に対する声かけ・つきまとい事案その他各種犯罪・事故等を認めた時、警察等へ通報します。

(2) 県道の設置した電光掲示板及び高陽自動車学校内の大型テレビモニターを活用し「犯罪・事故情報等」を施設利用者等に対して情報発信して、地域住民による自主的な防犯・交通安全活動実践を促進します。

(3) 地域住民の要望に応じた防犯・交通安全教室の開催企画・実行に協力します。

今後の活動にご期待下さい!